← Back
  • 世界初上映

インディ・フォーラム部門

にじいろトリップ

A Rainbow-colored Trip

監督:いまおかしんじ

Director: IMAOKA Shinji|2021年|日本|39分

上映日 時 間 会 場
3/6 土 18:45 シネ・リーブル梅田4
3/11 木 16:15 シネ・リーブル梅田3

※プログラム《短編A》『草原の焔』『Talker』と併映

にじいろトリップ A Rainbow-colored Trip
  • LINEで送る
出  演
櫻井佑音
荻野友里
小林竜樹
歳内王太
作品解説

阪神・淡路大震災を題材にした『れいこいるか』(OAFF2020)が、2020年夏に公開され、雑誌『映画芸術』の2020年日本映画ベストテンの1位に選ばれた、いまおかしんじ監督の新作短編。

小学5年生の晴花は、両親(信孝と久美子)とキャンプ場にやってくる。離婚間近の二人は、険悪な雰囲気になる。翌朝、晴花は一人、森に出かけていく。願い事を叶えてくれるという滝を目指す。途中、同い年の男の子・大地と出会い、大地の道案内で、仲違いしながらも滝にたどり着く。晴花は願う。家族3人やり直せますように。

森の中、急な腹痛に襲われる晴花は、倒れているところを発見される。助けられた晴花の目の前でまた両親の言い争いが始まる。晴花は、その場を逃げ出す。追いかけてきた久美子と二人、話をする。「ごめんね、ちゃんとしたお母さんになれなくて」。晴花は久美子を抱きしめる――。