第13回大阪アジアン映画祭 開催概要

  • LINEで送る

テーマは「大阪発。日本全国、そしてアジアへ!」

優れたアジア映画の鑑賞機会を市民へ提供すること、大阪での映像制作活動促進を支援すること、およびアジア映画人の来阪を促進すること等を通じて、人材育成と交流、大阪経済圏の活性化、都市魅力の向上を図ります。

「アジア映画のゲイトウェイ大阪」を世界にアピールし、文化・芸術・教育から観光・経済領域まで、また大阪からアジアまで、様々な観点を有する関心層が関わり大阪の発展に資する、開放されたプラットホームとして映画祭を位置づけます。

13回目を迎える今年度も、暉峻創三プログラミング・ディレクターの下、アジア映画最新作のコンペティション部門、ならびに特別招待作品部門、そして特集企画など、より豊かで質の高いアジア映画を選定し、上映と交流を行います。

さらに、アジア諸国の映画人をパネリストに迎え、アジア映画のさらなる可能性について語るシンポジウムなど、多彩な事業を展開してまいります。

名 称
第13回大阪アジアン映画祭

OSAKA ASIAN FILM FESTIVAL 2018

テーマ
大阪発。日本全国、そしてアジアへ!
主 催
大阪映像文化振興事業実行委員会
実施期間
2018年3月9日(金)~18日(日)

プログラム概要

オープニング作品は、イ・ジュンイク監督作、イ・ジェフン、チェ・ヒソW主演、韓国映画『朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト』を日本初上映いたします。このほか、話題の作品の数々を上映いたします。

コンペティション部門

本映画祭の中核となる部門。ジャパンプレミア以上となるアジア映画(日本映画を含む)の最新作を上映します。出品作品から、国際審査委員(3〜5名予定)により、グランプリ(最優秀作品賞)、来るべき才能賞等を選定。また観客の投票による観客賞、スポンサーアワード(朝日放送によるABC賞、薬師真珠による薬師真珠賞)の対象にもなります。

特別招待作品部門

アジア各国で評判の話題作を上映します。

特集企画

アジアの国・地域、その他テーマを絞って開催する特集企画。東南アジアの新しい潮流に光を当てた特集、新世代監督の台頭で大きく姿を変えた香港映画、台湾映画の特集等、新作から旧作まで、より多彩で多様なアジア映画の発掘・紹介を行います

インディ・フォーラム部門

日本やアジアの新進作家によるインディペンデント作品の上映を行います。日本映画は原則英語字幕付きで上映、米国ニューヨーク市の文化団体ジャパン・ソサエティーより贈られるJAPAN CUTS Awardの対象とし、若手映画人の世界への飛躍を支援していきます。

関連イベント

交流イベント

映画祭期間中、ゲストの皆さまとのトークイベントなど、さまざまな交流イベントを行います。

プレイベント

大阪アジアン映画祭ポスター展

過去の大阪アジアン映画祭受賞作品や、今回、大阪アジアン映画祭で上映する作品のポスターを、会期前より展示します。

◎日程:2月19日(月)〜3月18日(日)

◎会場:ギャラリーメトロ長堀橋

(大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線「長堀橋」駅構内)

◎日程:2月21日(水)〜2月28日(水)(土日除く)

◎会場:大阪市役所正面玄関ホール(淀屋橋)

アジア映画ブックフェア

第13回大阪アジアン映画祭に協賛して、大阪を代表する大型書店「MARUZEN & ジュンク堂 梅田店」にてアジア映画ブックフェアを開催します。世界から注目されるアジア映画の多様で多彩な魅力が一堂に大集結します。

◎日程:2月15日(木)~3月30日(金)

◎会場:梅田・MARUZEN & ジュンク堂書店 梅田店5階 芸術書フロア

ABC賞受賞作放映

昨年の第12回大阪アジアン映画祭でABC賞を受賞した、香港・中国合作『七月と安生』を朝日放送(関西圏のみ)にてテレビ放映します。

◎日時:2月16日(金)25:44~27:44 日本語字幕版

◎作品紹介ページ:『七月と安生』

協賛企画

大阪を拠点に、大学院における映像研究への助成事業を続ける芳泉文化財団の協賛のもと、その成果を紹介します。

開催概要

実施会場
梅田ブルク7(梅田)

大阪市北区梅田1-12-6 E-ma(イーマ)ビル7F

TEL:06-4795-7602

座席数:シアター3 207席

ABCホール(福島)

大阪市福島区福島1-1-30

TEL:06-6451-6573

座席数:325席

シネ・リーブル梅田(梅田)

大阪市北区大淀中1-1-88 梅田スカイビルタワーイースト3F・4F

TEL:06-6440-5930

シネマ3 111席 /シネマ4 111席

阪急うめだホール(梅田)

大阪市北区角田町8-7 阪急百貨店うめだ本店9階

TEL:06-6313-2991

座席数:400席

国立国際美術館(中之島・淀屋橋)

大阪府大阪市北区中之島4-2-55

TEL:06- 6447-4680

主  催

大阪映像文化振興事業実行委員会

大阪市

一般社団法人大阪アジアン映画祭

大阪商工会議所

公益財団法人大阪観光局

朝日放送株式会社

生活衛生同業組合大阪興行協会

Seven Dew 株式会社

後  援

経済産業省

文化庁

大阪府

駐大阪大韓民国総領事館 韓国文化院

一般社団法人映画産業団体連合会

一般社団法人日本映画製作者連盟

一般社団法人外国映画輸入配給協会

全国興行生活衛生同業組合連合会

FM OH!

支  援

芸術文化振興基金助成事業

助  成

国際交流基金アジアセンター

協  賛

香港特別行政区政府駐東京経済貿易代表部

公益財団法人芳泉文化財団

在大阪インドネシア共和国総領事館

台湾文化部

Film Development Council of the Philippines

協  力

アテネ・フランセ文化事業株式会社

エア・インディア

NPO法人映画美学校

FM COCOLO

大阪大学大学院言語文化研究科 大阪大学外国学図書館

ガルーダ・インドネシア航空

キャセイパシフィック航空

京都大学東南アジア地域研究研究所

国立国際美術館

混成アジア映画研究会

サントリーパブリシティサービス株式会社

Japan Society

台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター

株式会社ティ・ジョイ

東京テアトル株式会社

とよす株式会社

阪急うめだ本店

ファーストキャビン阪神西梅田

MARUZEN & ジュンク堂書店 梅田店

株式会社薬師真珠

株式会社ワイズ・インフィニティ

お問合せ先
大阪アジアン映画祭 運営事務局

〒540-0037 大阪市中央区内平野町2-1-2-6C

TEL.06-4301-3092 FAX.06-4301-3093

※電話でのお問い合わせ(平日10:30~18:00)

E-mail…info[at]oaff.jp