新着ニュース
2018.02.21
関連イベント「第13回大阪アジアン映画祭 ポスター展」 大阪市役所正面玄関ホールでもスタートしました!(〜3/6まで期間延長します)
2018.02.20
オーサカ Asia スター★アワードは、『頭文字D THE MOVIE』『インファナル・アフェア』のチャップマン・トー(杜汶澤)さんに決定!
2018.02.19
関連イベント「第13回大阪アジアン映画祭 ポスター展」ギャラリーメトロ長堀橋にてスタート!(〜3/18)
2018.02.16
ゲスト登壇を予定している上映回について、スケジュールページにGマークを記載しました。(情報は今後更新されます。)
2018.02.16
各上映作品の紹介ページをアップしました。
2018.02.15
関連イベント「アジア映画ブックフェア〜MARUZEN & ジュンク堂書店 梅田店 × 第13回大阪アジアン映画祭」開催中!
2018.02.14
第13回大阪アジアン映画祭 上映スケジュール決定!
2018.02.09
第13回大阪アジアン映画祭 全上映作品決定!
2018.02.09
クロージング作品は、戸田彬弘監督作、津田寛治、駒井蓮主演、日本映画『名前』(世界初上映)に決定!
2018.02.09

第12回大阪アジアン映画祭ABC賞受賞!『七月と安生』のテレビ放映時間が決定!

放映日:朝日放送(関西圏のみ)2/16(金) 25:44~27:44 日本語字幕版

作品紹介、開催レポートはこちら
2018.02.06
チケットページをアップしました。
2018.01.31
チケットは2月24日(土)午前10時から販売開始!
2018.01.31

第12回大阪アジアン映画祭ABC賞受賞!『七月と安生』のテレビ放映日が決定!

放映日:朝日放送(関西圏のみ)2/16(金) 深夜(時間は後日発表) 日本語字幕版

七月と安生、ふたりの友情を描いた珠玉の青春映画。プロデューサーを務めたピーター・チャン監督が、同名のネット小説を大胆に脚色。主演のチョウ・ドンユィとマー・スーチュンは、第53回金馬奨で史上初の主演女優賞W受賞。本作は本国でも大ヒットを記録。この機会にぜひご覧ください!

作品紹介、開催レポートはこちら
2018.01.31
オープニング作品は、イ・ジュンイク監督作、イ・ジェフン、チェ・ヒソW主演、韓国映画『朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト』(日本初上映)に決定!
2018.01.31
開催概要をアップしました。
2018.01.05
【ボランティアスタッフ募集】映画がお好きな方、アジア文化にご興味のある方、英語やアジア諸国語の得意な方、「何か楽しそう」と思われた方、大阪アジアン映画祭を一緒に運営してみませんか?
2018.01.05
【映画祭サポーターのご案内】今年度は会員種別を追加して、多様な特典をご用意しました。皆様からのご支援が、大阪アジアン映画祭の活動を支えます。ぜひサポーター会員にご入会ください。
2018.01.05
第13回大阪アジアン映画祭ポスターアート最優秀賞決定!
2017.12.04
作品エントリーの受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。
2017.11.15
リーフレットやポスター、ウェブサイトに使用するメインアートの募集は、終了いたしました。たくさんのご応募、ありがとうございました。
2017.11.07
プレ企画「映画字幕翻訳講座2017 in 大阪大学箕面キャンパス」は終了いたしました。たくさんのご参加、ありがとうございました。
2017.09.20
第13回大阪アジアン映画祭のプレ企画として、「映画字幕翻訳講座2017 in 大阪大学箕面キャンパス」を今年も開催します。
2017.08.20
作品エントリー開始しました!
2017.08.20
リーフレットやポスター、ウェブサイトに使用するメインアートを公募いたします。
2017.08.20

第13回大阪アジアン映画祭は、2018年3月9日(金)〜18日(日)に開催決定いたしました。

  • LINEで送る
OAFF ニュースレターお申し込み

※news[at]oaff.jpから配信しますので、迷惑メールの解除など、受信できるよう設定願います。hotmail、outlookアドレスは不達の場合がありますので、携帯メールアドレスなど、他のアドレスでご登録することをお勧めします。


メールアドレス 《例》mail@example.com
ご登録  配信停止 
カタログバックナンバー&関連商品のご案内