← Back
  • 日本初上映

コンペティション部門

チョンバル・ソシアル・クラブ

Tiong Bahru Social Club

監督:タン・ビーティアム(陈美添)

Director: TAN Bee Thiam|2020年|シンガポール|88分

上映日 時 間 会 場
3/10 水 14:05 シネ・リーブル梅田4
3/12 金 18:30 梅田ブルク7:シアター7
チョンバル・ソシアル・クラブ Tiong Bahru Social Club
  • LINEで送る
出  演
トーマス・パン(彭祖耀)
ウー・ユエジュエン(吴悦娟)
ジャリン・ハン(韓雪卿)
ヌーリーナ・モハマド
ジョー・チェン(陈思敏)
作品解説

常に笑顔を絶やさない寡黙な男アビーは、30歳になったのを機に母と住むアパートを離れ、世界で最も幸せなご近所コミュニティを作ると謳うチョンバル・ソシアル・クラブの住み込み従業員になる。クラブでは独自のアルゴリズムで従業員の幸福度が数値化され、その向上を推奨されていた。アビーは人工知能のBravo60から様々な提案を受けるが、猫好きのシニア客ニーに振り回され、値が落ちるばかり。幸福度が最下位になると失職することを知り落ち込むアビーだったが、ニーと打ち解け、幸福度トップの女性従業員ギョークと交流するうちに、幸福度が上がり始める。

色鮮やかでミニマムなSFファンタジーという独特の世界観を生み出したのは、本作が長編デビュー作となるタン・ビーティアム監督。小津安二郎やジャック・タチからインスピレーションを得たキャラクター造形や、60~70年代的な美術、音楽を取り入れながら、現代のAI管理社会や集団心理を映し出す不条理コメディに昇華させた。再開発のため2020年に取り壊された名建築パールバンク・アパートメントでも撮影を行い、変わりゆくシンガポールの姿を捉えている。釜山国際映画祭をはじめ、海外映画祭で話題を呼んだ注目作だ。[江口由美]

関連サイト
facebook Instagram